活動の様子

トピックス

視聴覚 2学年人権映画鑑賞

群馬県の学校では、「人権重要課題(11項目)」についての理解を深めるとともに、子どもたちの人権感覚を身に付けさせたいと考えています。1時間目、2学年全体でその重要項目の一つである「拉致問題」に関する映画(拉致問題啓発アニメ「めぐみ」)を鑑賞しました。残念ながら、人間社会には様々な差別があります。この社会の中で自分がどのような行動を取れば良いか、生徒、教師共々、真剣に考えていきます。

 

 

【参考】
「人権重要課題(11項目)【群馬県】」
①女性 ②子どもたち ③高齢者 ④障害のある人たち ⑤同和問題 ⑥外国籍の人たち⑦ HIV 感染者等の人たち ⑧ハンセン病元患者の人たち ⑨犯罪被害者等 ⑩インターネット等による人権侵害 ⑪その他の人権問題(アイヌの人々、性同一性障害等の人たち、拉致問題等)

「アニメ『めぐみ』」の内容
 昭和52年、当時中学1年生であった横田めぐみさんが、学校からの帰宅途中に北朝鮮当局により拉致された事件を題材に、残された家族の苦悩や、懸命な救出活動の模様を描いたドキュメンタリー・アニメ。

にっこり 1年1,2組保健体育の授業

 2時間目、1年1,2組は男女別に、保健体育(保健分野)の授業をしていました。めあては、「知的機能と情意機能の発達について知ろう」です。中学生の時期は、身体も心も大きく成長する時期です。自分の身体や心の発達について、しっかりと理解しましょう!

1年1組 自主学習タワー(継続は力なり)

1年2組 「自立」「自律」「自学」「自主」

 

 

ハート 人権学習旬間スタート!

朝の活動は、人権集会でした。いよいよ、本日から12月11日(水)まで人権学習旬間がスタートします。テーマは「相手を思いやり、互いに人権を尊重し合おう」です。人権については年間を通して意識しなければなりません。しかし、この期間に改めて、「互いを尊重する心」「思いやりの気持ちをもつことの大切さ」について考えていきましょうね。

企画、運営ありがとうございますm(_ _)m