活動の様子

令和3年度

鉛筆 富岡まちの仕事探究

 コロナ禍のため、職場体験ができなかった2年生。そこで「働く人々の心に埋まっている思い・やりがいを発掘。」というミッションに取り組み始めました。NPO法人「DNA」の方々と6回の授業を通して「仕事」について学んでいきます。

 本日はその1回目「オリエンテーション」でした。

  

  

 

0

学校 ある日の放課後

校庭や体育館に、元気な声が帰ってきました。

  

     卓球部          バレー部          柔道部

  

     剣道部           美術部          吹奏楽部

  

    野球部            バスケ部          テニス部

  

              駅伝部            陸上部                                     ハンド部

部活動を引退し、受験に向けて走り出した3年生の放課後は‥‥

  

         最後の体育祭に向けて、ダンスの練習をしていました。

0

音楽 ふるさとハイク

「街のことをいろいろ知ることができてよかった。」「歩き疲れて足が疲れた。」「楽しかった。」

10月14日(木)、富岡製糸場など「ふるさと富岡」に関わる場所を巡り学習を深めました。街に出てインタビューしたり、自分たちの疑問を調べたりしました。ハイクの最後には俳句を作ります。1年生にとって始めての校外学習ということもあり、事前学習にも真剣に取り組んでいました。当日は天気にも恵まれ、学校から早速班行動で出発しました。

  

        1組1班              2班                     3班

  

      4班                5班               2組1班 

  

       2班                3班                4班

  

      5班               3組1班              2班 

   

      3班                 4班               5班

0

にっこり 雨中の駅伝大会

 

 雨の中、郡市駅伝大会が行われました。今年はたすきをつなぐ例年の駅伝大会とは違い、各区で400Mトラックを走り、タイムを合計して競うトラックレース形式でした。

 男子Aチームは5、6区で区間賞をとったものの、11秒差で残念ながら総合2位(Bチームは全体6位)。女子も総合2位となり、男女アベック県大会出場を決めました。

 どんな状況になっても、全力を尽くした選手たちは輝いていました。

  

1区  男子A(赤ユニフォーム)     男子B(左から2番目)        女子(青ユニフォーム)

  

2区    男子A               男子B               女子

  

3区   男子A                 男子B              女子

   

4区    男子A                男子B               女子

  

5区    男子A              男子B               女子

  

 6区    男子A               男子B                       開会式では選手宣誓       

0

驚く・ビックリ 郡市駅伝大会壮行会

「皆さんが、悪天候であってもその力を発揮してくれることを私は信じています!」

校長先生の激励の言葉が体育館に響きました。

明日は、郡市駅伝大会。コロナ禍で十分に練習はできなかったものの、選手たちは暑い中でも練習を重ねてきました。

今日の壮行会でも男女のキャプテンから力強い決意表明がありました。

明日は雨の中で走ることも心配されますが、「努力は決して裏切らない」を実証してくれるに違いありません。

  

    男子駅伝メンバー     男子キャプテンからの決意表明  聴く姿勢と拍手で激励の気持ちを表す

  

    女子駅伝メンバー       女子キャプテンの決意表明        激励の言葉

 1番だけでしたが、選手たちに校歌でエールを送りました。

0

グループ 生徒総会(第3回)

「皆さんのおかげで、1年間生徒会活動をやり切ることができました。ありがとうございました。」

 前期生徒会役員から全校生徒生徒に向けての言葉が体育館に響きました。

 警戒度も3になり、全校での集会が再開されました。前後期専門委員会の委員長や部長の発表や提案を直接見たり、聞いたりできました。

 きっとマスク越しでない顔を見ながら聞きたいと思った生徒もいたことと思います。そんな日が一にでも早く来ることを祈ります。

  

              各部からの報告                 前期委員会から活動報告

  

      新委員長勢揃い             議長団           後期委員会からの提案

  

                                質疑応答の様子1

  

              質疑応答の様子2                     承認

  

  前期生徒会役員から退任の挨拶   後期生徒会役員から着任の挨拶          講評

0

キラキラ 自問清掃

本校では「自問清掃」を行っています。

指示や号令がなくても、自分で考えて、人に迷惑をかけることなく、適切に行動することを目指しています。

また、自問清掃を通して、5つの心を育てます。

「思いやりの心」「気づきの心」「感謝の心」「正直な心」「我慢の心」です。

  

   清掃では3つの手「だまって はなれて みつけて」を合い言葉にしています。

    

   「見つけ掃除」     使う人のことを考えて   気付いたら「ちりとり」をさっと出し

 

    率先垂範        掃除の終わりは反省会  机椅子は引きづらないように持ち上げて

0

情報処理・パソコン ある日の授業風景(タブレットを活用して)

2年3組の教室より

 社会の調べ学習がありました。中部地方の工業や農業について特徴を調べる、という課題でした。

生徒は教科書や資料集を使って調べたり、タブレットを使って調べたりと、個々で考えた活動が見られました。

  

              テーマが示され、早速活動し始める生徒たち。

 

            タブレット、資料集、教科書、調べる手立てはそれぞれ

 美術室より

「この石から何が見えるだろうか」

教師の問いかけに、じっと石を見つめる生徒たち。

タブレットを使い長いもの、四角いものを調べ始める生徒も。

  

                   石と対話する生徒

 

                「これだ」石との対話で何かが見えた!

0

汗・焦る 村上和基先輩来校

 東京オリンピックに出場した村上和基選手が来校されました。

 同じく母校である額部小学校や額部公民館、市役所にも挨拶を兼ねて寄られる強行スケジュールの中でのことでした。

 選手村の話や競技中の外国選手のことなど、他では聞くことのできない興味深い話をたくさんしてくださいました。

 10月29日(金)に朝礼で生徒にも直接お話をしてくださる予定です。

  

   校長にて歓談の様子  中学時代の全中大会制覇の石碑前で オリンピックの記念品の寄贈

 

0

会議・研修 ローテーション道徳

 

 本校では道徳の授業をローテーションで行っています。

 各クラスの担任は勿論のこと、学年主任、副主任も入ったローテーションです。各自がある題材を担当し、今週は1組、来週は2組、再来週は3組というように代わります。

 今回は1年生の授業風景を紹介します。

   

                   3組の様子

   

                    1組の様子

   

                    2組の様子

0

驚く・ビックリ 生徒会選挙

 「生徒会が生徒一人一人の悩みに寄り添える学校になるために働きかけます。」

「個性を認め 互いに成長できる学校になるよう働きかけます。」

令和3年度生徒会本部役員を決める選挙(第2回生徒総会)が行われました。

今回も非常事態宣言中であるため、リモートによる候補者、応援演説者の演説でした。

  

  

  

  

 

0

眼鏡 結団式

「OVER THE TOP ~ 自信なくてひよってるやついる? いねーよなぁ!!! ~ 」 

体育祭のスローガンが決まりました。

今年は、学級代表が学年種目を決め、各団の役員が競技方法と入退場曲など運営面を行っています。

決戦は10月22日(金)。全団、全選手が OVER THE TOP を心に秘めてぶつかり合います。

   

    体育祭スローガン        校長先生の激励の言葉        生徒会長のメッセージ

  

       青団               白団               赤団

  

 

 

 

0

学校 休み時間の様子(室内編)

 昼休みの過ごし方はそれぞれです。室内で過ごす生徒もたくさんいます。それぞれの生徒が時間を有効に使っているようです。

  

  図書室で読書する生徒        百科事典に見入る生徒も      手指の消毒をしながら歓談

  

    あっち向いてほい     歯磨きしている生徒に声をかけると‥     次の授業の準備

  

    図書委員の仕事         選挙管理委員の仕事         教科連絡の仕事

0

会議・研修 世界遺産発表会(3年生)

 「画像も多く取り入れたり、クイズがあったりとそれぞれ工夫していて、聞いている側も楽しかった。」(T教諭)

1学期から総合の時間に自分たちで調べ、まとめたことを発表しました。クラスを解体し、5~6人のグループに分かれて発表していました。最後には世界遺産に関するクイズを出して考えさせるなど、工夫も見られました。タブレットを上手に活用した発表でした。

   

                  タブレットを上手に活用していました。

  

                 感想や質問も含め、聞く側も真剣でした。

  

         マニアックなクイズもあり、聞き手を引きつける工夫が盛りだくさんでした。

  

              発表が終わる毎に盛大な拍手が教室に響き渡りました。

 

0

驚く・ビックリ 英語スピーチ朝礼(リモートで行いました)

 「困難なことをやり遂げるには『諦めないこと』。できるまでやり続けること。」

英語担当の髙橋教諭が、朝礼の締めくくりとしてメッセージを全校生徒に送りました。

 学校代表となった2名は、7月から原稿作りを始め、夏休みにホゼー先生とシオン先生の指導を受けながら、原稿暗記をし、表現力を高めてきました。その二人の姿を見続けてきたからこそ、出てきたメッセージでした。

 これから2名の代表は市の大会に出場します。健闘を祈りたいと思います。

  

0

晴れ 休み時間の一コマ

貴重な晴れ間には、多くの生徒が校庭で体を動かしている様子が見られます。

  

     サッカー           キャッチボール         バスケットボール

  

                   一番多いのがバレーボール

0

鉛筆 キャリアパスポート

 学校、家庭及び地域における学習や生活の見通しを立て、学んだことを振り返りながら、新たな学習や生活への意欲につなげたり、将来の生き方を考えたりするために活用しているのがキャリアパスポートです。

 2学期始めの学活でもキャリアパスポートを活用しました。紹介します。

  

 まず1学期を振り返りました。そして、1学期の取組を踏まえた上で2学期に挑戦したいこと、行動したいことを自分で決めます。1年生であっても具体的数字をあげることで、自分の立てた目標に近づいているのか、そうでないのか、自分自身で確認できます。

 キャリアパスポートは学期の節目や行事等、主立った活動の前後を中心に目標設定や振り返りに活用します。生徒一人一人がそのとき思ったことやつかんだものを記録しています。読み返すことで自分の成長記録にもなります。

 このキャリアパスポートは、小学校入学から高校卒業まで蓄積されます。一人一人の思い出とともにたくさんの成長が記されていくことを期待しています。

0

ピース 新しい南中を作るために

「元気で明るく楽しい学校にしようと思っている人ならば誰でも立候補してほしい」

O選挙管理委員長が力強く呼びかけていました。

 10月8日の新生徒会役員を決める選挙に向けて、立候補の受付が始まっています。初日の今日は6名の立候補の届け出がありました。新しい南中をつくっていくために、一人でも多くの人に立ち上がってほしいと思います。

 

            立候補届けに来た生徒とその応援演説者。

 

                  O選挙管理委員長             S副委員長     W副委員長

「今回、生徒会に立候補する人たちのサポートがしたかった。また、自分にもよい経験になると思ったので、選挙管理委員になりました。」(S選挙管理副委員長)

「生徒会を決める大切な仕事だと思って、ぜひ私もかかわりたいと思いました」(W選挙管理副委員長)

立候補は8日(水)が最終日です。

0

にっこり ある日の授業風景(3年)

部活動を引退し、受験モードになりつつある(?)3年生の授業の様子です。

  

       1組は音楽。タブレットを使って作曲活動に挑戦していました。

  

          2組は国語の授業。集中して取り組んでいました。

   

  3組は英語。聞き取りにチャレンジしてしました。仲間と確認する場面もありました。

0

ニヒヒ ある日の授業風景(2年生)

2学期から部活や生徒会、そして委員会を引っ張るのが2年生です。9月2日(木)の各クラスの授業風景です。

  

           1組は数学でした。グラフを活用して問題を解く授業でした。

  

                      2組は国語。人生の先輩への手紙を書いています。時候の挨拶も入っています。

   

       3組は技術科。タブレットを用いて、リモート授業をするための活動でした。

 

0

興奮・ヤッター! ある日の授業風景(1年生)

 2学期が始まって3日目。⒏月31日の1年生の授業風景です。

  

   1年1組家庭科の授業の様子です。「あずま袋」の紹介です。今後制作する予定です。

  

   1年2組は音楽でした。作曲のために、手拍子などを打ちながらリズム作りをしています。

  

        1年3組は数学。友達と協力し合って難問解きに挑戦していました。

0

学校 2学期スタート

2学期から新しいALTの先生をお迎えしました。シオン先生です。

「It's nice  to  meet  you  all !   これから英語を学んでいく生徒たちにとって、面白く、興味深い授業ができたらなと思います。よろしくね!」

シオン先生から生徒たちへのメッセージです。

  

       シオン先生

さて、2学期がスタートしました。静かだった学校に活気が戻ってきました。

始業式はリモートで行いました。学活では夏休みの課題を集めたり、2学期の目標を決めたり、進路希望を確認したり、と早速活動が始まりました。そうした中、休み時間には級友と楽しそうに歓談する姿も見られました。

  

      1-1             1-2             1-3

  

     2-1              2-2             2-3

  

     3-1             3-2             3-3

0

2学期に向けて

 夏季休業中に、網戸の設置と水道の蛇口の交換が行われました。網戸が設置されたことによって、窓を開けているときにも虫が入らなくなりました。水道の蛇口は感染症予防対策の一環です。2学期に向けての準備は進んでいます。

  

   網戸がつきました        手洗い場の水道        トイレの水道は自動に

0

鉛筆 美術部展開催

 3年生による美術部展が開催されました。3年間の作品と写真展が4日〈水〉から3日間にわたり公開されました。作品に込めた思いも熱く語ってくれました。本日最終日。3年生は部活動引退となり、1・2年生に託します。

  

         作品の解説をする美術部員             思い出の写真を前に

0

汗・焦る 県大会でも大暴れ

柔道、剣道、バレー、卓球、陸上、ハンド男女の各部が県大会に出場しました。どこまでできるのか、チャレンジ、チャレンジの連続でした。

  

 団体戦は離れていても心は一つ     伊藤美誠さんを目指して  ペアでわかり合うにはコミュニケーション

  

 後ろは見ない、前だけを見る      バトンでチームをつなぐ          仲間に託す

  

 来年またこの場に戻ってくるぜ    来年も再来年もこの場に立つ     この姿を後輩たちに届ける

   

     風を切って走る      県チャンピオンを決める入魂シュート  関東大会でも暴れてきます

  

  体を張ってゴールを守る       仲間のために点を取る      

  

     ただ一人行く         障害は乗り越えるためにある

0

晴れ ひまわり今最盛期

PTAのひまわり委員が種をまき、園芸委員が水をあげ育てている「ひまわり」が今最盛期です。うだるような暑さの中でも笑顔を忘れず、見るものに元気を与える「ひまわり」。植物から学ぶこともいっぱいあります。

  

ひまわりのほとんどは東を向いていました。日は西の方にありました。向日葵とは言っても、太陽の方を向いてはいないんですねえ。

0

終業式・表彰・県壮行会

「自分の生活を自分でしっかり管理し、目標をもって取り組んでほしい」

「こんな成果があったと担任に報告できるような夏休みを過ごしてほしい」

終業式で校長先生からのメッセージがありました。

 37日間の夏休みをどのような夏休みにするかは、自分自身で決められるものです。まず、37日後のゴールの姿を自分で決めてみてほしいと思います。それをどこまでやるかも自分次第。小さな成功体験をすることは誰にでも出来ることなのです。

  

      終業式             校長先生のお話           ALTの退任式

  

      南中賞表彰           郡市大会等表彰           県大会壮行会

0

中体連群市大会終わる

 

18日(日)をもって、富岡甘楽地区の群市大会が終わりました。

うれし涙も悔し涙も、いっぱい見ました。

県大会出場を決めた部・選手、おめでとうございます。どこまで行けるか自分の力を試すチャレンジの場としてほしいと思います。

また、残念ながら群市大会で負けてしまった3年生。中学校での部活動は引退となります。悔し涙もいっぱい流したでしょう。しかし、悔しい気持ちが出るということは、一生懸命取り組んだということです。この事実は決して消えることはありません。この経験をこれからの生活に生かしていってほしいとおもいます。1・2年生は、1年後2年後どのようにして終わりたいか、しっかり目標を持って部活動や学校生活に取り組んでほしいと思います。

  

      テニスの王子様を目指して‥(男子テニス部)           3年間磨き込んだサーブ

   

  粘り強く返す(卓球男子)               1年生も活躍した男子剣道部

  

    思いのこもった「一球入魂サーブ」(女子テニス部)        スピードに乗ったドリブル

  

延長の末1点差で準優勝(女子バスケ部)       3位決定戦に勝利!(男子バスケ部)

   

  惜しくも準優勝(野球部)        先制タイムリーを放つ!               このサーブを受けてみよ

  

  弾丸スマッシュ炸裂(女子卓球部)          3年ぶりの優勝を飾った女子ハンド部

  

       春の雪辱 アベック優勝を決めた男ハンド部

 

          春夏団体優勝 女子剣道部

       

 

0

我慢 非行防止教室

 「『こうしたらこうなる』というのが分からず、ノリでやってしまう人が多い‥」

 夏休みを数日に控えて、各学年で「非行防止教室」が行われました。富岡警察署の講師が、SNSなど身近な中に潜む危険について具体例を交えてお話しくださいました。自分だけは大丈夫と思っている人も危ないことも語ってくださいました。

 「自分がやろうとしていることを後輩たち、弟や妹が真似しても大丈夫なことか。広まっても大丈夫なことか」を判断基準にするのもよいかもしれません。自由には責任が伴います。自分がしたことは自分が責任をとるしかないのです。

 全員が有意義な夏休みを過ごし、明るい笑顔で新学期を迎えてほしいと思います。

 

          3年生                         2年生

 

                                    1年生

 

0

星 青春真っ盛り!

  中体連の試合が本格化してきました。これまでの練習の成果を全て出し尽くすのみ。勝っておごらず、負けても悔いず。一球一球に、一瞬一瞬に自分たちの全てをぶつけています。

  

   うなれ 弾丸サーブ!        必殺ドロップショット          粘り腰だ      

   

     もっと速く             もっと遠くに          そして、もっと高く

  

          リバウンドは俺が(私が)とる!              守りは俺に任せろ

0

雨 水たまりの校庭に‥‥

 雨がやんだ校庭。水たまりがそこかしこにできています。そんな昼休みに、校庭に出て元気にバレーやドッジボールをして遊ぶ中学生。

 そうした風景の中に、座り込んでいる集団が。

 なんと、よく見るとスポンジを手に水取をしていたりやトンボをかけたりしているのです。

 放課後の部活動で校庭を使うからでしょうか。休み時間いっぱい、水取とグランド整備に黙々と取り組んでいました。

 3年生ならば、最後の夏を汗と涙の染みこんだ校庭で一日でも多く練習したいからなのかもしれません。

 1・2年生ならば、3年生に後悔を残してほしくないからなのかもしれません。

 雲はどんよりしていましたが、なぜか晴れやかな気持ちになった昼のひとときでした。

  

0

中体連総体始まる&学校朝礼

 暑い夏が始まりました。最初は、卓球ダブルス。そこで見事、横田・佐藤ペアが女子の部優勝!幸先のよいスターを切りました。これから更に生徒たちの夏は暑くなります。

  

  優勝を引き寄せたスマッシュ  午後に行われた男子の部でも熱い戦いが  ベスト8にもう1チーム入る

 

7月⒎日の7が揃った日に、学校朝礼がありました。

まずは6月から南中に来てくださった石井さんの紹介。校長先生からは今月から行われる東京オリンピックの出場者で本校出身の村上選手の話。そして、お皿ピカピカウイーク(給食のお皿をきれいに扱い、片付ける)の表彰が行われました。

  

    石井用務員さん          校長先生のお話        お皿ピカピカウイーク表彰クラス

0

星 中体連総体・コンクール壮行会

「大会ができることに感謝します」

 コロナ禍で今年も中体連の大会が開かれます。練習も練習試合も思うようにはできませんでした。練習はできてあたりまえ、試合もできてあたりまえ、では決してありませんでした。

 今日の壮行会で多くの3年生が決意表明の中で口にした言葉は、「これまで生活をサポートしてくれた親」「指導してくださった先生方」「一緒に汗を流したり、涙を流してきた仲間」への感謝と、最後まで練習を本気で取り組み最高の自分を出すという思いでした。

 今年は入場制限があり、仲間の応援には行くことができません。しかし、本気で取り組んできたことを、家族も先生方も、そして一緒に活動してきた仲間は知っています。離れていても仲間が悔いのないよう力を尽くせるように、みんな祈っています。その思いが一人一人に届きますように。

   

     テニス部女子            バスケ部男子            バスケ部女子

    

       テニス部男子             水泳部             ハンド部女子

  

     ハンド部男子             剣道部                柔道部

  

       野球部               卓球部女子            卓球部男子

  

       美術部の劇            陸上部男子             陸上部女子

   

 陸上部有志によるパフォーマンス       吹奏楽部             バレー部

0

笑う 笑顔満開宣言

「SUN SUN 笑顔 ~虹色ってどんな色? 個性あふれる35色~」(3年3組)

いじめ防止に向けて、各クラスで「笑顔満開宣言」がされました。

いじめは犯罪であり、どんな理由があろうともしてはいけないことです。全てのクラスが笑顔であふれることを願います。

  

                   各クラスの「笑顔満開宣言」

 

     JRC委員会からのお願い           生徒指導主任からの「最近の課題 時を守る」話 

0

グループ 薬物乱用防止教室

 薬物は絶対したくない!講演終了後、感想を聞いた生徒の意見は皆同じでした。今日の2年生の6校時は「薬物乱用防止教室」でした。中田学校薬剤師さんがお話をしてくださいました。

「危険な薬物にふれていなかくてよかった。ふれたら人生がだめになっちゃうことがわかった。」(男子)

「1回吸うと薬物依存になってしまう。」(男子)

「自分のやったことで周りの人に迷惑がかかって後悔することが分かった。薬物に対する怖さを知ることができた。」(女子)

「薬物をやるとどうなるのかを知ることができた。周りの人を巻き込んでしまうことも知った。」(女子)

 

        中田学校薬剤師さん             資料を片手に真剣に聞き入る2年生

 

                   薬物の怖さを知ることができました

0

驚く・ビックリ 情報モラル授業

 

 期末テストが終わった午後、各学年で情報モラル授業が行われました。

 SNSで心ない一言が命を奪うことにまで発展しました。SNSは便利です。しかし、どのように使うかで大きく違ってきます。SNSが悪いのではなく、使い方が間違っているです。自由には責任が伴います。間違った使い方をした者は、その結果に対し、その人が責任を負うのです。

 生徒たちが正しい使い方をして、SNS等で傷つく人が誰も出ないことを祈ります。

 

        DvDを視聴して、何が原因か、何が問題なのか話し合いました。〔1年生〕

  

自分の体験を交えてSNS等の依存の怖さを訴えるS先生         淡々と語るk先生〔2年〕

 

 

   グループでの発表を確認するT女先生           SNSの怖さを熱く語るT男先生〔3年〕                       

     

0

ニヒヒ 期末テスト始まる

「復習してたから、思ったより簡単だった。」(1年生)

「技術・家庭科が初めてだったから、難しかった。」(1年生)

 期末テストが始まりました。小学校になくて中学校にあるもの。その1つが「期末テスト」です。1年生は学年全体で「チャレンジ60」、2年生は「チャレンジ80」、そして3年生は個々が立てた目標(チャレンジ○○)を期末テスト4週間前から取り組んでいました。今日はその成果を発揮するときです。普段の授業とは打って変わって、みんな緊張の面持ちでした。

 期末は2日間。まだまだ終わってません。この後の中体連の大会に向かって全力を尽くすためにも、今は期末テストに集中です。

  

     廊下でずらっと最後の確認(3年)             男子も最後の追い込み(3年)

 

                 コツコツという鉛筆の音だけが響く教室(2年)

  

                初めての期末テスト 用紙が配られると‥ (1年)

0

晴れ 燃えたぜ!球技大会

 朝方は雨が降っていました。球技大会の開催も危ぶまれましたが、日頃の行いがよいのか、開会式が始まるころには快晴に。 男子のフットサルも、女子のバレーも熱戦の連続。3年生、2年生ともに3クラス同率優勝となりました。

  

   男の意地を見せるぜ(3年)     体を張ったシュートだ!(2年)    1対1なら負けない(1年)

  

 必殺技 ダブルレシーブよ(3年)    やったーやったー(2年)       アターーック(1年)   

 

 3クラス同率総合優勝を果たした3年生は、成績発表後に優勝パフォーマンスを披露。    

  

    三三七拍子(1組)          ウエーブ(2組)           喜びの舞(3組)

  

                                                           朝、雨のなか黙々と働く人たちがいました。

  

    「校長先生どちらを向いているんですか?」(選手宣誓の一コマ)     美術部作成のスローガン

0

情報処理・パソコン タブレット集会

 タブレットを使った授業が増えてきました。このタブレットは便利な面もありますが、使い方によっては危険な面もあります。SNSでは人の命にかかわる問題も起こりました。そこで、情報担当と生徒指導担当から使用に当たってのルールや気をつけることについての話がありました。

 

            今回は、各教室でリモートによる集会という形をとりました。

 

                                     職員室でも

0

泣く 教育実習終わる

3週間(4週間)にわたる教育実習が今日終わりました。3人の教育実習生の言葉です。

「この3週間、たくさんのことを学び、とても充実した日々でした。ありがとうございました。」(新井さん)

「不安と緊張で始まった3週間でしたが、生徒の元気なあいさつや授業、部活動に全力で取り組む姿からたくさんの勇気をいただき、楽しく充実した日々を過ごせました。南中での貴重な時間に感謝し、教師になるため励んでいきたいと思います。本当にありがとうございました。」(茂木さん)

「生徒の皆さんの力強さと元気に懐かしさを覚えるとともに、私の頑張れる一つの動力になっていました。生徒の皆さんから学ぶことが多く、充実した実習生活を送ることができました。4週間ありがとうございました。」(鷲山さん)

  

                 6月10日 2-1 研究授業の様子

   

                6月9日 3-3 研究授業の様子

  

                6月10日 1-1・2 研究授業の様子

「わかりやすくて、枕草子が覚えられました」(Sさん)という感想もありました。

3人の南中での体験が、これからの大学生活と未来に生きることを願っています。

 

0

会議・研修 少年の主張

 少年の主張校内大会が行われました。

 密を避けるため、各クラスの代表9名だけ視聴覚室に集まり、そこでスピーチしている様子を各クラスに生配信しました。どの主張も、内容や態度、さすが代表と思わせるものばかりでした。

  

 「見た目だけにとらわれない」        「言葉と心」           「本当の怖さ」

  

    「これからの日本」      「『あいさつ』の意味とは?」     「食事の大切さとは?」

  

     「言葉の重み」        「食品ロスを減らすために」     「あたりまえなんてない」

0

ニヒヒ 今年度の生徒会スローガンは‥‥

「彩虹(さいこう)~292の最高の笑顔を輝かせよう~」

 これが今年度の生徒会スローガンです。本日の生徒会朝礼(放送朝礼)で、本部役員から全校生徒に報告がありました。「彩虹」という言葉には、それぞれの個性(色)が集まり、一つの虹のように輝く学校にしたいという意味が込められています。

 また、生徒会の目標とする生徒像も発表されました。

1、笑顔あふれる生徒

2、礼儀正しい生徒

3、個性を認め合える生徒

の3つです。

 みんな同じでなくてはいけないとか、人と違っていると仲間に外れにされるということがよく聞かれます。しかし、自分が他の人と全く同じでないように、誰もがみんな違っています。個性があります。だからこそ、他の人との出会いから学ぶことができます。他の人との違いから、自分の個性を発見することもできます。

 「個性を認め合える生徒」って、とても大事なことだと改めて思いました。

 

 最後に、球技大会のスローガンも伝えられました。

「HAPPY BOMB ~ 南中 盛り上がらない可能性 コレ、一切なぁーい ~」(3年2組案)です。生徒たちは昼休みや体育の時間に練習を重ね、チーム力を高めています。17日が楽しみです。

0

大雨 雨にも負けず

 活動場所や活動内容が制限されてしまう雨の日の部活動。しかし、そこは青春時代の中学生。室内や雨の少しやんだ瞬間を狙って活動しています。

  

  目指すは八村選手!(バスケ)    心を合わせてパート練習(吹奏楽)  ケガをしない体作りが基本(野球)

  

 スローガン作ってます(美術)     駐車場だって練習場所に(陸上)   チームワークも鍛えてます(ハンド)

   

   常に素足です!(剣道)       先生も一緒に筋トレ(柔道)      スマッシュだー(卓球)

     

止められるものなら止めてみよ(バレー)       放送朝礼の校長先生

0

表彰朝礼と教育実習

5月24日(月) ようこそ先輩(教育実習)

 今は大学で学ぶ卒業生たちが、教育実習で久々に母校に帰ってきました。養護教諭を目指す者に社会科の教員を目指す者、そして国語の教員を目指す者と三人三様ですが、3人ともやる気満々です。3週間(1名は4週間)という短い期間ですが、現場でしかできない体験をして、一つでも多くのことを学んでいってほしいと思います。

        

0

学校 中学最後の「少年の主張」

「声が震えた」(女子)

「A以外の評価が付かない‥」(女子)

「少し緊張して途中で飛ばしてしまったが、今までで一番真面目に書いて、いい作文になった。」(男子)

「1年生の頃は似たような話題しかなかったのが、より進化して、使う言葉も難しくなったり、話題もいろいろな分野になったりして、聞く側にも理解力が必要になった。」(男子)

 3年間での成長を自分たちでも感じ取った「少年の主張」でした。

 

    見よ、この真剣なまなざし。一言も聞き逃すまいという強い意志が伝わってきます。

 

                メモをとりながら聞く。これが3年生です!

 

                  今回はなんと1827回目?!                            

0

学校 初めての「少年の主張」

5月19日(水) 1年生、「少年の主張」初チャレンジ!

「(原稿を持ち続けて)腕が熱かった。」「声が震えた。」「噛みそうになった。」

休憩時間に感想を聞くと、ほとんどの第一声が「緊張した-」でした。

 聞いていた側の感想も聞きました。「いろいろ違う意見があった。大切なことがよく分かった。」や「いろいろな人が伝えたいことをわかりやすく書けていた。」でした。

 なかには、「事実は書かれていたが、自分の意見を書いていた人は少なかった。」「全体的に(発表の)声が小さかった。」といった、次につながる感想もありました。

 中学校生活も始まったばかり。これから多くの体験をし、成功からも失敗からも学び、自分の糧にしてほしいと思います。そして、「去年よりも今年、今年よりも来年。」「昨日よりも今日、今日よりも明日。」の精神で成長していってほしいと思います。

 

        緊張、緊張、緊張‥‥                 聞く側も緊張、緊張。

 

   司会者は時間の管理も行っています。              発表者に対し拍手の嵐

  

   発表が終わったらすぐに評決と感想               届いてくれるといいな

0

グループ 少年の主張

5月18日(火) 少年の主張始まる(2年)

 「ある日私はいつものように…‥」

 生徒が自分で考えていること、言いたいこと、伝えたいことを、仲間にスピーチする。そんな機会が「少年の主張」です。

 ここでは、どんな主張も笑われたり、馬鹿にされたりすることもありません。だから、真剣に自分の意見を述べる。それを聞く側も、「この人はどんなことを考えをもっているのか。」と真剣に聞きます。普段人前で発表するのを恥ずかしがっている生徒も含め、全員が発表します。そこでは、普段見ることのできない級友の一面に触れることもできます。

 生徒にとって、貴重な体験の場にもなっています。今回は2年生で行われた「少年の主張」の様子を紹介します。

 

  友達の主張を聞きながら感想や評価をします。      人前で発表する機会もよい経験の場になります。

 

国語の時間に原稿作り、推敲、そして発表練習もしました。    いろいろな考えに触れることもできます。

 

     友達と感想を述べ合う場面も          感想や評価の言葉も真剣に考えて用紙に記入しました

0

学校 生徒総会 開催

5月14日(金) 生徒総会開催

 例年のように、全校生徒が体育館に集まっての開催はできませんでした。そこで、初めての試みとして、放送での実施となりました。部長や委員長の顔を見られず、声だけの説明・提案でしたが、生徒は皆真剣に耳を傾けていました。

 

 打合せ中の生徒会本部役員(いつも以上に真剣です)  廊下で出番を待つ部長、委員長(緊張感が漂ってます)

 

   放送中(座ってなんていられません。全集中。)   3年3組の様子(こっちもしっかり聞いていますよ)

  

 3年2組(承認するのか、しないのか、熟考中)        3年1組(頭を抱えている子も‥)

             

0

星 村上先輩、オリンピック出場を決める

 本校の卒業生、村上和基選手が先日オリンピック出場を決めました。競技は「飛び込み」です。先日、上毛新聞の記者の方が取材にいらっしゃいました。

 中学生時代「飛び込み」日本一になった記念碑を写真撮影。そのとき部活に向かう途中の生徒がインタービューを受けました。(詳細は上毛新聞5月12日朝刊を御覧ください)

 生徒たちは先輩の偉業に驚愕と喜びの声をあげていました。

           

 

0

会議・研修 中学校のリズムになれてきました!

 5月12日(水) 入学してから早1ヶ月。少しずつ中学生としてのリズムになれてきました。そんな1年生の授業の様子を紹介します。

 

  1年1組 国語の授業 辞書を引きながら、授業を受けます。積極的な発言も見られました。

 

         1年2組 英語 2人組になって英語で話したり、聞いたり。

 

           1年3組 数学 +-の符号の入った計算に取り組みました。

0

学校 進路について考える

 自分の進路について考える。これは3年生になってからではなく、心の準備も含めて早めに考える必要があります。2年生では、総合の時間に「進路」について考える機会をもちました。まだぴんとこない生徒もいるかもしれません。しかし、少しずつ、「進路」にかかわる情報や考える機会をもつことも大事であると考えます。

 

 

0

笑う 春季郡市大会

 4月29日(木)卓球男女個人戦、バスケットボール男子決勝、女子3位決定戦が行われました。生徒たちの奮闘が見られました。

 

   卓球女子(コースを狙って‥)        卓球男子(得意のサーブで勝負!)

 

  バスケ男子決勝(リバウンドは俺がとる)  バスケ女子3位決定戦(スピードに乗って‥)

0