活動の様子

2021年5月の記事一覧

大雨 雨にも負けず

 活動場所や活動内容が制限されてしまう雨の日の部活動。しかし、そこは青春時代の中学生。室内や雨の少しやんだ瞬間を狙って活動しています。

  

  目指すは八村選手!(バスケ)    心を合わせてパート練習(吹奏楽)  ケガをしない体作りが基本(野球)

  

 スローガン作ってます(美術)     駐車場だって練習場所に(陸上)   チームワークも鍛えてます(ハンド)

   

   常に素足です!(剣道)       先生も一緒に筋トレ(柔道)      スマッシュだー(卓球)

     

止められるものなら止めてみよ(バレー)       放送朝礼の校長先生

0

表彰朝礼と教育実習

5月24日(月) ようこそ先輩(教育実習)

 今は大学で学ぶ卒業生たちが、教育実習で久々に母校に帰ってきました。養護教諭を目指す者に社会科の教員を目指す者、そして国語の教員を目指す者と三人三様ですが、3人ともやる気満々です。3週間(1名は4週間)という短い期間ですが、現場でしかできない体験をして、一つでも多くのことを学んでいってほしいと思います。

        

0

学校 中学最後の「少年の主張」

「声が震えた」(女子)

「A以外の評価が付かない‥」(女子)

「少し緊張して途中で飛ばしてしまったが、今までで一番真面目に書いて、いい作文になった。」(男子)

「1年生の頃は似たような話題しかなかったのが、より進化して、使う言葉も難しくなったり、話題もいろいろな分野になったりして、聞く側にも理解力が必要になった。」(男子)

 3年間での成長を自分たちでも感じ取った「少年の主張」でした。

 

    見よ、この真剣なまなざし。一言も聞き逃すまいという強い意志が伝わってきます。

 

                メモをとりながら聞く。これが3年生です!

 

                  今回はなんと1827回目?!                            

0

学校 初めての「少年の主張」

5月19日(水) 1年生、「少年の主張」初チャレンジ!

「(原稿を持ち続けて)腕が熱かった。」「声が震えた。」「噛みそうになった。」

休憩時間に感想を聞くと、ほとんどの第一声が「緊張した-」でした。

 聞いていた側の感想も聞きました。「いろいろ違う意見があった。大切なことがよく分かった。」や「いろいろな人が伝えたいことをわかりやすく書けていた。」でした。

 なかには、「事実は書かれていたが、自分の意見を書いていた人は少なかった。」「全体的に(発表の)声が小さかった。」といった、次につながる感想もありました。

 中学校生活も始まったばかり。これから多くの体験をし、成功からも失敗からも学び、自分の糧にしてほしいと思います。そして、「去年よりも今年、今年よりも来年。」「昨日よりも今日、今日よりも明日。」の精神で成長していってほしいと思います。

 

        緊張、緊張、緊張‥‥                 聞く側も緊張、緊張。

 

   司会者は時間の管理も行っています。              発表者に対し拍手の嵐

  

   発表が終わったらすぐに評決と感想               届いてくれるといいな

0

グループ 少年の主張

5月18日(火) 少年の主張始まる(2年)

 「ある日私はいつものように…‥」

 生徒が自分で考えていること、言いたいこと、伝えたいことを、仲間にスピーチする。そんな機会が「少年の主張」です。

 ここでは、どんな主張も笑われたり、馬鹿にされたりすることもありません。だから、真剣に自分の意見を述べる。それを聞く側も、「この人はどんなことを考えをもっているのか。」と真剣に聞きます。普段人前で発表するのを恥ずかしがっている生徒も含め、全員が発表します。そこでは、普段見ることのできない級友の一面に触れることもできます。

 生徒にとって、貴重な体験の場にもなっています。今回は2年生で行われた「少年の主張」の様子を紹介します。

 

  友達の主張を聞きながら感想や評価をします。      人前で発表する機会もよい経験の場になります。

 

国語の時間に原稿作り、推敲、そして発表練習もしました。    いろいろな考えに触れることもできます。

 

     友達と感想を述べ合う場面も          感想や評価の言葉も真剣に考えて用紙に記入しました

0

学校 生徒総会 開催

5月14日(金) 生徒総会開催

 例年のように、全校生徒が体育館に集まっての開催はできませんでした。そこで、初めての試みとして、放送での実施となりました。部長や委員長の顔を見られず、声だけの説明・提案でしたが、生徒は皆真剣に耳を傾けていました。

 

 打合せ中の生徒会本部役員(いつも以上に真剣です)  廊下で出番を待つ部長、委員長(緊張感が漂ってます)

 

   放送中(座ってなんていられません。全集中。)   3年3組の様子(こっちもしっかり聞いていますよ)

  

 3年2組(承認するのか、しないのか、熟考中)        3年1組(頭を抱えている子も‥)

             

0

星 村上先輩、オリンピック出場を決める

 本校の卒業生、村上和基選手が先日オリンピック出場を決めました。競技は「飛び込み」です。先日、上毛新聞の記者の方が取材にいらっしゃいました。

 中学生時代「飛び込み」日本一になった記念碑を写真撮影。そのとき部活に向かう途中の生徒がインタービューを受けました。(詳細は上毛新聞5月12日朝刊を御覧ください)

 生徒たちは先輩の偉業に驚愕と喜びの声をあげていました。

           

 

0

会議・研修 中学校のリズムになれてきました!

 5月12日(水) 入学してから早1ヶ月。少しずつ中学生としてのリズムになれてきました。そんな1年生の授業の様子を紹介します。

 

  1年1組 国語の授業 辞書を引きながら、授業を受けます。積極的な発言も見られました。

 

         1年2組 英語 2人組になって英語で話したり、聞いたり。

 

           1年3組 数学 +-の符号の入った計算に取り組みました。

0

学校 進路について考える

 自分の進路について考える。これは3年生になってからではなく、心の準備も含めて早めに考える必要があります。2年生では、総合の時間に「進路」について考える機会をもちました。まだぴんとこない生徒もいるかもしれません。しかし、少しずつ、「進路」にかかわる情報や考える機会をもつことも大事であると考えます。

 

 

0