活動の様子

トピックス

ハート 3年3組道徳(一人1研究授業)

5時間目、3年3組は道徳でした。資料「エリカ-奇跡のいのち-」を用いて、生きていることの尊さ、生命のつながりについて考えました。第二次世界大戦中、ドイツの勢力下では、各地にユダヤ人の居住区や強制収容所がつくられました。強制収容所へユダヤ人を送り込む列車での出来事に焦点を当てた資料です。

星 1年2組道徳(校内研修代表授業)

6時間目、1年2組は道徳でした。この授業は校内研修の学年代表授業として行いました。資料「裏庭のできごと」を使って、「誠実な生き方」について考えました。「自分の心に嘘をつかず、友達と共に正直に生きていくことはどういうことか」を真剣に考えることができました。